会社案内

ホーム > 会社案内 > ♦働き方改革♦

♦働き方改革♦

弊社では、働き方の見直し・改善のため、働き方改革に取り組んでいます。

以前から社内で取組していましたが、2019年7月より㈱ワークライフバランスのコンサルティングを

受けて、さらに働き方のカエル活動を実践中です。

 

  <2020年9月>

 若手社員によるフレッシャーズ会議を

みしま未来研究所で実施しました。

会議中はあだ名で呼ぶなど、旅行気分で行うようにして、多くの社員が交流できるようにしました。

 

<2020年7月>

働き方改革セカンドステージ(2年目)の

取り組みとして、

①役員・部門長による「大カエル会議」

②次長・チームリーダーによる「親カエル会議」

③若手社員によるフレッシャーズ会議

を新たに始めました。

もちろん、各チームのカエル会議は、継続して実施中です。

   

 

   <2020年6月>

働き方改革共有会を実施しました。

3密を避けるために、オンラインにて行い、

㈱菊池技研コンサルタント様もご参加

いただきました。

ホワイトボードで工期の見える化、目標達成シートで課の方向性を明確化、スキルアップ表で能力の見える化、ありがとうカードの実施など

各チームの特色がある共有会になりました。

 

<2020年5月> 

新型コロナウイルスへの対応のため、

広い会議室、換気、マスク着用などを行い、

引き続き、カエル会議を継続中です。

   

 

    <2020年3月>

これまでの取り組みが評価され、静岡県が表彰する『静岡県働き方改革アワード2019』にて、

「取組加速化部門賞」を受賞しました。

取材を受けて、冊子にも取り組み活動が掲載されています!

 

<2019年11月> 

各チームがどんな取り組みをしているか、

お便りを定期的に発行して情報発信。

「スキルマップ表を作成」し、伸ばしていきたいところを確認したチーム。

災害対応で忙しいチームは、「カエル会議の時間に決めたことを実行する」など、

それぞれのやり方を見える化しています。

   

 

 

<2019年11月>

中間共有会で、「会社・管理職へリクエスト」を

伝える機会がありました。

社長自らすべてのチームのカエル会議に出席し、

リクエストへの回答や働き方改革の方向性を

伝えました。 

 <2019年10月>

7月に始めて3ヵ月。中間共有会を実施。

モデルチームが社員の前で、どう変わったか発表を行いました。勉強会を始めたチーム、情報共有のルールを徹底したチームなど、少しずつ変わってきています。

   

 

  <2019年8月>

静岡県主催(㈱るるキャリア運営)の「先進企業から学ぶ 働き方改革セミナー」にて、

弊社社員の鈴木が「地元の先進企業事例」として発表を行いました。

<2019年7月>

カエル会議を始めたばかりで、ありたい姿が作れても、どう会議を進めていくか、どう解決策を実践していくかが課題。

各リーダーは研修会を通じて、メンバーへ役割を与えて会議を進めていく方法や、解決策の絞り込み方などコンサルティングを受けています。

   

 

 

本社内の会議室や階段の踊り場、各部屋に

働き方改革ポスターを掲示。

日々目に触れることで、改革を行う意識付けを

しています。

各課に分かれ、毎週1回30分のカエル会議を

実施中です。

カエル会議は、「早くカエル」「やり方をカエル」「人生をカエル」の意味が込められた会議です。自分たちのありたい姿を目指し、日々解決策を検討中。

 
 

<2019年7月>

「働き方改革」キックオフを行いました。

・改革がなぜ必要なのか。

・改革が組織、個人にどんな効果があるのか。

・どうやって進めていくのか。

社員一人一人に改革する意識を持って、取組みできるように開きました。早速カエル会議を開始!

ページのトップへ戻る